結納のいろは
お問い合わせリンク結納のいろは

結納の基礎知識

結婚式に様々な方法があるように、結納にもいろいろなものがあります。まず、結納の起源とはどのようなものなのでしょうか。正式結納と略式結納の違いもありますし、最近では行なわれ方も変化してきました。また、地域によって段取りが違うことがあります。どのような結納を選ぶかはあなた次第です。

結納の歴史

結納の意味について深く知る為に、その歴史を探っていきましょう。現在のように結納が広く普及したのは江戸時代から明治時代の間のことといわれています。当初は裕福な商人の間で行なわれ、文明開化とともに、婚礼前の儀式としての意義を一般の人たちにも認められ行なわれるようになってきました。その起源を紐解いていくと、14世紀から始まる室町時代に、武士の間ですでに結納の文化が行なわれていたとされていて、もともとは中国の婚礼制度に端の発しているとされています。さらに追求すると、6〜7世紀の古墳時代に婚礼に際して贈り物がされたという記録もあり、日本の結納の起源であるとまで言われています。それほどまでに、結納は歴史あり受け継がれてきた儀礼なのですね。今日までその結納が受け継がれてきたのも、相手を敬い礼儀を重んじる気質と、贈り物に長寿や円満などの意味を込めて納めるという日本の素晴らしい文化の表れなのではないでしょうか。

正式結納とは?

結納とは本来、仲人(なこうど)と呼ばれる、結婚する二人の仲立ちをする人が、それぞれの家を訪ね、結納品を引渡しするものでした。これを正式結納と呼んでいます。正式結納では、仲人が男性側から結納品を預かり、女性側へ届けます。女性側は仲人を迎えてもてなし、男性側へ渡す受け書と結納品を仲人へ託します。このように仲人が両家の仲立ちをする正式結納ですが、時代の移り変わりとともに、主流は略式結納となってきました。

略式結納とは?

最近、主に行なわれている結納が略式結納です。仲人が両家を訪問する正式結納と区別して略式と言われますが、これも立派な結納の方法です。現在、一般的に「結納」というと、この略式結納を指す場合が多いかも知れません。略式結納の流れでは、男性側が女性側の家に伺い、両家で顔を合わせて挙式をします。時間や手間を抑えることができて、ご親族同士の顔合わせと挨拶も出来ます。また、必ずしも仲人を設ける必要が無いというのも、現代の結婚事情を反映しているともいえますね。

最近の結納

現在、変わり行く日本のライフワークに合わせて、結納の形も変化をしてきました。特に最近では格式ばって行なわれるものではなく、両家集ってのお食事会のような形も多く、場所も女性側の家ではなくホテルやレストランで行なわれることもしばしばです。仲人なしということも多いですし、結納金や記念品の受け渡しのみにしたいというニーズもあります。形は変われども、結納という精神を受け継いでいくことは素晴らしいものではないでしょうか。

関東と関西の違い

ここまでは、一般的な結納についてご紹介してきましたが、全国の各地で段取りや結納用品は様々です。大別するならば、関東式と関西式にわけることができます。関東式はシンプルに行なわれることが多く、関西式はゴージャスに執り行われます。結納品の乗せ方や呼び方にも違いがあります。白木の台1台に乗せるのが関東式で、1品ずつに1台を用意するのが関西式です。これは大きな分け方ですので、各都道府県によっても独特の風習がある場合があります。どのような結納を挙げるかは、基本的に両者の話し合いで決めるのがよいでしょう。

関東の結納

関西の結納

結納
<a href="http://yuinoiroha.com/" target="_blank"><img src="http://yuinoiroha.com/img/banner.gif" alt="結納" width="88" height="31" border="0"></a>

結納のいろは

<a href="http://yuinoiroha.com/" target="_blank">結納のいろは</a>

広告掲載