結納のいろは
お問い合わせリンク結納のいろは

関東の結納

関東式と関西式の2種類の結納がありますが、そのイメージや結納品には違いがあります。どのようなものが関東式なのでしょうか。品数や呼び名、数量はどんなものを用意するのでしょうか?関東式で行なわれる地域はどこなのでしょうか?ここでは本格的な関東の結納をご紹介します。

関東式の特徴

関東の結納は、武家発祥の結納と言われており、その内容は素朴でシンプルなものとなっています。男性側、女性側の両家を同格としており、新郎側から新婦側に送る関西式と比較して、結納品は双方でお互いに贈りあう形となります。品揃えも互いに数量と格式のほぼ同じものを用意され渡されます。これにより、「結納を取り交わす」と関東式では表現します。結納品を載せるのに使用する白木の献上台は1台となっていて、ひとつの台に用意した品目を並べます。品目の量や大きさ、見栄えなどにより2台となる場合がありますが、その場合でも通常一列に並べて載せます。

関東式の地域

関東式で執り行われるのは東京を中心として、横浜がある神奈川などの関東地方全般をはじめ、仙台などの東北地方、札幌などの北海道も含まれます。その境目は、富山県、長野県、静岡県を含めてきられる日本の東半分というデータがあります。また、高知県や沖縄県などでも関東式が用いられることがあります。

関東式の結納品

関東の結納は、一般的に9品目用意します。内容は地域によって呼び名が変わりますが、長熨斗、目録、金包、勝男節、寿留女、子生婦、友志良賀、末広、家内喜多留となります。新婦側から新郎側にお返しとして送られるものは2品目少なくする場合もあります。各品目の内容と意味についてご紹介いたします。また、本格式には9品目ですが、最近では5〜7品目の関東式で行なわれる場合もあります。

長熨斗(ながのし)

「のし」とはのしアワビのことです。干したアワビを伸ばしたもので、長寿の願いが込められています。古くから貴重な食べ物であったアワビは、最高級の贈り物とされてきました。今では模造品が用いられ、形だけのものとなりましたが、結納を祝う気持ちを込めて添えられます。関西式の「熨斗」にあたります。

目録(もくろく)

結納品の名前と品数、贈り側と相手方の名前を記した巻目録のことです。ただし、長熨斗と目録自体は贈り物として記載しません。「茂久録」というあて字は関西式に多いものですが、関東式でも「茂久録」の漢字をあてる地域もあります。「目録書」と呼ぶ場合もあります。

金包(きんぽう)

「金包包(きんぽうづつみ)」とも言われ、結納金をいれる中包みを箱に入れ、水引を飾ったものです。関東式においては新郎側から新婦側へ贈る結納金を「帯料(おびりょう)」、「御帯料(おんおびりょう)」、新婦側から新郎側へ贈るものを「袴料(はかまりょう)」、「御袴料(おんはかまりょう)」と呼びます。この呼び名は、昔は着物を贈っていたことに由来します。

勝男節(かつおぶし)

鰹節のことです。二本一対、もしくは奇数本のカツオブシを包みます。鰹節は古くは戦にでるときに武士が持ち込んだものであり、男性の力強さの象徴と強運を祈るもので、結納では酒の肴として贈られてきました。「勝男武士」という字があてられることもあります。現在でも鰹節を贈るもので、関西ではあまりみられない、関東式ならではの結納品です。

寿留女(するめ)

イカを乾燥させたものであるスルメのことです。二枚一対、もしくは奇数本の平たいスルメを入れます。新婦の幸運を祈って「寿留女」という字が使われます。噛めば噛むほど味が出る、というところから結婚生活が末永く幸せであるようにという縁起物として意味もあります。関西式でも用いられるようになりました。

子生婦(こんぶ)

乾燥させたコンブのことです。スルメと同じく、二本一対、もしくは奇数本の昆布を包んだものです。「子生婦」とは子宝を授かり繁栄を願う意味をこめてあてられました。また、昆布は「よろこぶ」という意味の縁起物としてよく用いられます。関西式でも贈られることがあります。

友志良賀(ともしらが)

白髪をイメージした二束の麻の紐を包んだものです。「友白髪」の意味が込められており、夫婦となる二人が、お互いに白髪になるまで健康で長生きするようにとの願いが込められています。また、麻の繊維が強いことから、絆が強くなるようにとの意味もあります。「友白賀」、「共白賀」とあてられる地域もあります。関西式では同様の意味として、高砂という人形が用いられます。

末広(すえひろ)

二本一対の白い無地の扇子を包んだものです。昔から扇子には末広がりの繁栄という願いが込められており、おめでたい物としてよく用いられます。白は潔白、清純を表しており、結ばれる二人の幸福を祝う意味を表しています。関西式でいう「寿恵広」のことです。

家内喜多留(やなぎだる)

清酒料を入れる中包みが入ったものです。昔は酒樽を贈っていましたが、今ではお金を包んで渡します。「柳樽(やなぎだる)」というお祝いの席に持参するお酒という意味があり、柔らかい柳のイメージから家庭円満を象徴するものとして用いられます。関西式でいう「柳樽料」、「松魚料」にあたります。

結納
<a href="http://yuinoiroha.com/" target="_blank"><img src="http://yuinoiroha.com/img/banner.gif" alt="結納" width="88" height="31" border="0"></a>

結納のいろは

<a href="http://yuinoiroha.com/" target="_blank">結納のいろは</a>

広告掲載