結納のいろは
お問い合わせリンク結納のいろは

関西の結納

結納の行なわれ方を大きく2つに分けるならば、関東と関西で分けられます。関西といっても、日本をほぼ中心で切った西側全域で見られる特徴です。関東式と比べて豪勢に執り行われるという関西式はどのようなものなのでしょうか。ここでは本格的な関西の結納をご紹介します。

関西式の特徴

関西の結納は、公家から発祥した結納とも言われており、その内容は華やかで煌びやかなものとなっています。新郎側が新婦側を強くリードするものという風に考えられており、関東式のお互いに結納品を取り交わすものと比べて、結納品は男性側から女性側へ贈るものとされています。このため、「結納を納める」と呼ぶのが関西式です。結納品は白木で作られた台に1台1品ずつ置かれるので、品数だけの白木台が用いられます。松竹梅と鶴亀という縁起を担いだ結納飾りが施され、見た目も華々しく配置されます。特に、中部や九州などでは競って派手で豪華な品物が選ばれることがあります。

関西式の地域

関西式の結納が挙げられるのは大阪や京都などを中心とした関西地域、広島などの中国地方、四国地方などで、名古屋などの近畿・中部地方や九州も関西式に含まれます。その境目は、石川県、岐阜県、愛知県を含めた日本の西半分というデータがあります。ただし、四国の高知県、沖縄県などでは関東式で行なわれる場合があります。

関西式の結納品

関西の結納は、厳格には品数が決まっておらず、5品目から9品目が一般的です。多いものでは11品目以上のものもあります。ただし、偶数は縁起が悪いとされており、5品目以上の奇数でそろえられるのが一般的です。内容は、まず目録をはじめとして、帯料、柳樽料、松魚料、熨斗、寿恵広、の5品目を基本とします。関西では目録を品目と数えません。7品目であれば、高砂、結美和、が加えられます。9品目であれば、寿留女、子生婦、が加えられるのが一般的です。ここでは、一般的な9品目までをご紹介します。

目録(もくろく)

納める結納の品物を書き、相手側へ渡す目録です。関西式では一般的に、目録を品目に数えません。ですので、関西式の5品目というと、目録のほかに5点という形になります。目録は全品目について書くものですが、品目の明細を記載せずに「御結納の品」とひとまとめで書く方法もあります。

帯料(おびりょう)

松の飾りとともに送られる、結納金を包んで水引をつけたものです。男性側から女性側に贈られるものは「小袖料(こそでりょう)」と言われます。これは地域により呼び方が違い、京都では「帯地料(おびじりょう)」、神戸では「宝金(ほうきん)」とも呼ばれます。女性側からが男性側に贈るものは「袴料(はかまりょう)」「袴地料(はかまじりょう)」と言います。関東式の「金包」にあたります。松飾りには、冬でも枯れにくい松のようにと長生きと繁盛の祈りが込められています。

柳樽料(やなぎだるりょう)

竹の飾りとともに贈られる、祝い酒の料金を包んだものです。古くは柳樽を持参するものでしたが、それが変化して、清酒料として現金を贈るようになりました。「太留料(たるりょう)」と呼ぶこともあります。竹飾りには、真っ直ぐに伸びる竹のように。清く正しく成長するようにとの願いが込められています。関東式でいう「家内喜多留(やなぎだる)」にあたり、関西式でもこの字が当てられることもあります。

松魚料(まつうおりょう)

梅の飾りとともにおかれる、御馳走の料金を包んだものです。松魚とはカツオのことで、元々は鰹や鯛などの酒の肴を贈るものでしたが、現在では食事代として現金を包むという形で残っています。「かつおりょう」「しょうぎょりょう」という読みかたもあります。関東の「勝男節」と似たものですが、関東式では現金ではなく鰹節を包みます。梅飾りには、冬の終わりにいち早く開花する梅のように生命力あふれる縁起物としての意味があります。

熨斗(のし)

鶴の飾りとともに置かれる、のしあわびのことです。古来、高級食材として重宝されていた鮑をのしたものは最上のおもてなしとされていて、伸ばすというところから延命の祈りが込められています。加えて、鶴飾りにも長寿の願いと夫婦の潔白の意が込められています。関東の「長熨斗」と同じものです。現在、食用の鮑が使われることはありませんが、祝意を込めて贈られます。熨斗と聞くと、お金を包むのし袋を連想しますが、熨斗にはお金を包みませんので気をつけましょう。

寿恵広(すえひろ)

亀の飾りとともに飾られる、二面一対となった白扇子のことです。子孫繁栄を願ったもので、末長い幸福を祈る気持ちが表されています。亀飾りにも、1万年生きると言われている亀のように、あせらず休まずに進んでいけるようにという縁起の意味があります。また、清らかで潔い心を持つようにと白色が用いられます。関東式でいう「末広」にあたります。「寿恵廣(すえひろ)」という漢字を書く地域もあります。

高砂(たかさご)

高砂は2体一対の人形です。それぞれ、おじいさんである尉(じょう)と、おばあさんである姥(うば)となっており、の人形です。老年になるまで夫婦共に長命で仲むつまじくという願いが含まれています。関東式でいう「友志良賀」と同じ意味が込められていますが、人形を贈るという点で関東では見られない結納品です。

結美和(ゆびわ)

婚約に伴う記念品のことです。この結美和が結納品に含まれるようになったのは、1960年代ごろからといわれています。婚約指輪を意味していますが、縁起を担いで「結美輪」「優美和」などの漢字が当てられました。贈る記念品はネックレスや時計など、指輪以外のものでも構いません。高砂と同様、関東式には無い品目です。

寿留女(するめ)

関東式の「寿留女」と同様、イカの加工食品であるスルメのことですが、関西式では俵型のものを奇数個で積んで飾られることも多いです。

子生婦(こんぶ)

関東式の「子生婦」と同じく、昆布の繁殖力と「喜ぶ」の響きにあやかって乾燥コンブが贈られます。寿留女と同様、関西式では俵型にして積まれたもの飾ることがあります。

結納
<a href="http://yuinoiroha.com/" target="_blank"><img src="http://yuinoiroha.com/img/banner.gif" alt="結納" width="88" height="31" border="0"></a>

結納のいろは

<a href="http://yuinoiroha.com/" target="_blank">結納のいろは</a>

広告掲載