結納のいろは
お問い合わせリンク結納のいろは

その他の結納

関東と関西で大きく分かれる結納ですが、実際の段取りや贈る結納品などはさらに細かい地域によって変わります。都道府県や一部の地域の間でも異なることがありますので、その土地の方式に詳しい方の相談を仰ぐのもよいと思います。ここでは、各地方の一般的にいわれているしきたり、特徴などについてご紹介いたします。

九州の結納

九州地方の結納は、関西式と同じく松竹梅の飾りを掲げて結納品を1点ずつ別々の献上台に載せて行なわれるものですが、結納の前に、新郎側から新婦側へ清酒と真鯛を現品で贈る風習があります。酒は一升で、対は二尾一対が一般的です。鯛には「おめでたい」という意味が込められています。また、結納品には高砂人形の代わりに、箱や壷に入れた二つ一組の番茶を贈るならわしがあり、この結納茶を「御知家(おちや)」と呼びます。お茶には強いを一度だけ張る習性があり、生涯尽くすという誓いと結婚が失敗しないようという願いが込められています。また、新婦側が新郎側に用意するのは「結納引出物」です。引き出物は2種類から構成されており、それぞれ「主の物」、「添え物」と呼ばれます。主の物には、漆器類などの丸く割れないものが選ばれ、例えば、お盆、菓子皿、受け皿などを選びます。添え物は縁起を担いだ食品で、紅白まんじゅうや紅白かまぼこ、鰹節などをお返しとして贈ります。

全国の特徴的な地域・地方

その他、全国各地での特徴的なならわしをご紹介していきます。

宮城県の特徴

宮城県の仙台などでは「貰受状」と「進参状」を取り交わす風習があります。「貰受状」とは男性側から女性側に送る「嫁にもらいます」という内容をしたためた証文のことです。女性側の家からは男性側に「嫁にまいります」という内容の「進参状」をおくります。この慣わしは、江戸時代、仙台藩の武士の社会で行なわれていたもので、現在でも宮城県ではデパートなど結納品売り場で「貰受状」、「進参状」を見かけることが出来ます。

新潟県の特徴

新潟県の長岡地方には「多喜茶」という風習があります。これは、結納品にお茶を加えて贈り、もらった新婦側がお茶を小さな袋に分けて親族に配るというものです。この習慣は、お茶が日陰でも青々として葉が茂るというところから、嫁に行っても円満に生活できるようにとの願いが込められており、その昔、長岡藩の殿様がひろめたのが由来と言われています。

石川県・福井県の特徴

石川県と福井県では結納品として着物服地が加えられることがあります。これは「福地」という意味が込められています。現在では、洋服などを贈るのが一般的です。

愛知県の特徴

名古屋市などでは、肴が現物で贈られることが多く、鯛や樽、宝船などの「呉服細工」をつけて華やかなものが贈られるのが一般的です。また、「きめ酒」という風習もあり、酒とスルメを持参することがあります。

三重県の特徴

三重県の伊勢地方の結納は他の地域と比べて品数が多いいのが特徴です。その理由は、「向え傘」「向え下駄」と呼ばれる風習にあり、結納に、洋傘や足袋、下駄、天気用と雨用の履物、ネックレスなどが加えられる為です。また西部の伊賀市周辺では幸福を祈り、「五福」として呉服、つまり洋服を贈るしきたりがあります。

大阪府の特徴

大阪では、女性側から男性側へ記念品を贈る慣わしがあります。堺地方では、女性側から男性側に受書を送る際に、その上にネクタイピンなどの記念品を載せ、掛袱紗(かけふくさ)をしてお返しする習慣があります。尚、袱紗(ふくさ)を「富久紗」という字で当てる場合もあります。

奈良県の特徴

奈良県では、結納として化粧品セットを添える場合が多いのが特徴です。鹿児島県でも同様に化粧品を用意することがあります。

島根県・鳥取県の特徴

結納品に「八木料(はちもくりょう)」というものを加える風習があります。もともとは米を入れた巾着を用意したものを「八木(はちもく)」と言っていて、現在では米料として贈られるものです。

山口県の特徴

山口県では「百飛喜(ひゃっぴき)」と呼ばれる風習があります。僅かなお金を入れた紙包みのことで、結納品としては二つ用意され、「百飛喜 一対」と目録に加えられます。もともとは、相手方の使用人に金銭を贈った武家社会での風習が由来となっており、現在では喜びを分かち合うという意味と、名詞代わりといった意味で用いられるようです。

愛媛県の特徴

愛媛県の松山地方では、履物と足袋を結納品に加える風習があります。「波喜茂野(はきもの)」、「多美(たび)」と呼ばれており、最近では代金を贈ることもしばしばあります。

ご両家で方法が違ったら

今の時代、ご結婚される御二人の住む地域も違い、ご実家も別々ということも珍しくありません。その際に、ご両家で結納の仕来たりが違うということもあるでしょう。そういった場合はどのように執り行えばよいのかというと、ご両家でそれぞれご相談されるのがよろしいかと思います。一般的に、結納は男性側主体でするものなので、男性側の様式に合わせるのが無難といわれていますが、例えば、新婦側が名古屋や京都などの関西式で、新郎側が関東式だった場合、質素になりすぎるのではないかという心配もあるかも知れません。その際は、関東式でも、華やかな松竹梅の飾りをつけてもよろしいと思います。また、仙台式のように両家で準備が必要なものもございます。よくご相談して、おふたりとって記念の日となりますので、最良になるよう行なうとよいでしょう。結納金の金額も、これは気持ちですので、精一杯の気持ちを持って決めるのがよいかと思われます。

結納
<a href="http://yuinoiroha.com/" target="_blank"><img src="http://yuinoiroha.com/img/banner.gif" alt="結納" width="88" height="31" border="0"></a>

結納のいろは

<a href="http://yuinoiroha.com/" target="_blank">結納のいろは</a>

広告掲載